Iklan

loading...

Lirik lagu 研究生 (NMB48) - 太陽が坂道を昇る頃 歌詞 Romaji kanji

研究生 (NMB48) - 太陽が坂道を昇る頃 歌詞 lirik lagu ROMAJI:

Taiyō ga sakamichi o yukkuri to noboru koro
boku tachi wa itsumo surechigatte i ta

yakyū bu no asaren mendōkusai kedo
ima no boku wa hayaoki sae chotto tanoshii
kon no kōto o kiteruchigau joshikō no seito
jūjiro de tomaru jitensha ni koi o shiteru

itsu no hi kara daro u
( me to me ga atta )
hohoen de kure ta
( omoikomi ka )
ohayō to io u
( odoroichau ka na )
ashita moshi ae tara?

taiyō ga sakamichi o yukkuri to noboru koro
itsumo yori mo hayaku saka no ue made ki te shimatta
kono mune ga tokimei te isogisugi ta mitai
furimuke ba kimi ga kocchi o mi te i ta

senpai ni barechau to awasero to iu kara
kimi no koto wa dare mo shira nai boku no himitsu
kaze o hii ta ka natte sukoshi shinpai o shite ta
nagai mafurā kubi ni mai te masuku shi te i ta kara

kimi mo asaren ka na
( nan bu na n daro u? )
basuketto bu desho?
( nantonaku ne )
hanashi te mi tai na
( yūki o dashi te? )
kaeri mo ai tai yo

taiyō ga sakamichi o yukkuri to shizumu koro
boku wa mada gakkō de renshū ga owatte i nai yo
dekiru nara jūjiro de gūzen ai tai kedo
yūyake ni wa maniai sō mo nai

asa dake no koi no sutōrī
sono saki ni susume nai n da
jūjiro o tōru sono tabi
omotteru

taiyō ga sakamichi o yukkuri to noboru koro
itsumo yori mo hayaku saka no ue made ki te shimatta
kono mune ga tokimei te isogisugi ta mitai
furimuke ba kimi ga kocchi o mi te i ta

sakamichi no kimi yo

アルバム/ Album: 僕以外の誰か (Boku igai no dareka) Single
作曲/ Lyricist: 秋元康
作曲/ Composer: 川島有真
発売日/ Release date: 2016/12/28
Language: Japanese

研究生(NMB48) – 太陽が坂道を昇る頃 KANJI LYRICS

太陽が坂道をゆっくりと昇る頃
僕たちはいつもすれ違っていた
野球部の朝練 面倒くさいけど
今の僕は早起きさえちょっと楽しい
紺のコートを着てる違う女子高の生徒
十字路で止まる自転車に恋をしてる

いつの日からだろう
(目と目が合った)
微笑んでくれた
(思い込みか)
おはようと言おう
(驚いちゃうかな)
明日 もし会えたら…

太陽が坂道をゆっくりと昇る頃
いつもよりも早く 坂の上まで来てしまった
この胸がときめいて急ぎすぎたみたい
振り向けば君がこっちを見ていた

先輩にバレちゃうと会わせろと言うから
君のことは誰も知らない僕の秘密
風邪をひいたかなって 少し心配をしてた
長いマフラー首に巻いてマスクしていたから

君も朝練かな
(何部なんだろう?)
バスケット部でしょ?
(なんとなくね)
話してみたいな
(勇気を出して…)
帰りも会いたいよ

太陽が坂道をゆっくりと沈む頃
僕はまだ学校で 練習が終わっていないよ
できるなら十字路で偶然会いたいけど
夕焼けには間に合いそうもない

朝だけの恋のストーリー
その先に進めないんだ
十字路を通るその度
想ってる

太陽が坂道をゆっくりと昇る頃
いつもよりも早く 坂の上まで来てしまった
この胸がときめいて急ぎすぎたみたい
振り向けば君がこっちを見ていた

坂道の君よ

Tidak ada komentar