Lirik lagu 木下百花 (NMB48) - プライオリティー 歌詞 Romaji kanji

木下百花 (NMB48) - プライオリティー 歌詞 lirik lagu ROMAJI:

Doshaburi no ame ni utare nagara
boku wa ichi nin de kimi o matte ta
koware ta neon no M no moji ga
kokoro no oku no yami ni naru

hade na meiku shi te doresu o ki ta
kimi ga tōri de boku ni kizui ta
nani shi ni ki ta no? nante semeru yō ni
kuchibiru dake ugokashi ta

motto gōin ni ude o tori
arukidase ba ii no ka?
wakare kata ni kizutsui ta nara
suki na dake nagureyo

ima ni natte
yatto kizui ta n da
kimi ga ichiban daiji datte koto
kokoro ga momiatte
ito ga kire ta yō ni
barabara na
ai no hahen ( ka kera )
nekkuresu no
shinju makichirashi te
asufaruto no ue ni te o nobashi ta
onaji kagayaki ni mie te shimau kedo
dore kara saki ni hiroe ba ii?
puraioritī

sangurasu kake ta kowai hito ga
doa no chikaku de ikaku shi te iru
mugon no shisen ni sasare ta tte
boku wa hirun de irare nai

okane de kaiketsu dekiru no nara
boku ga kawari ni hatarake ba ii
sekai no fukō o kimi ichi nin de
seowa naku te ii n da yo

sō sa warui no wa boku na n da
jiko keno ni ochiiru
itoshi kata ni narete nakatta
īwake wa shi nai

nure ta kami ni
ochiru sono shizuku wa
boku ga tamete ta kono mune no kotoba
denwa mo koban de ta
kimi no teikō ni
ikiba mo nai
ai no itami
afuredasu
namida wa hō o tsutai
kimi wa jitto boku o niran de i ta
dore mo hontō no kimochi to shitteru
dore kara saki ni nugue ba ii?

imasara nante
iwa nai de kure
madamada maniau daro u
koko kara saki wa
nani ga atte mo
boku ga kimi o mamoru yo
dakara

dakara
ima ni natte
yatto kizui ta n da
kimi ga ichiban daiji datte koto
kokoro ga momiatte
ito ga kire ta yō ni
barabara na
ai no hahen ( ka kera )
nekkuresu no
shinju makichirashi te
asufaruto no ue ni te o nobashi ta
onaji kagayaki ni mie te shimau kedo
dore kara saki ni hiroe ba ii?
puraioritī

アルバム/ Album: 僕以外の誰か (Boku igai no dareka) Single
作曲/ Lyricist: 秋元康
作曲/ Composer: ツキダタダシ
発売日/ Release date: 2016/12/28
Language: Japanese

木下百花 (NMB48) – プライオリティー KANJI LYRICS

土砂降りの雨に打たれながら
僕は一人で君を待ってた
壊れたネオンのMの文字が
心の奥の闇になる

派手なメイクしてドレスを着た
君が通りで僕に気づいた
何しに来たの?なんて責めるように
唇だけ動かした

もっと強引に腕を取り
歩き出せばいいのか?
別れ方に傷ついたなら
好きなだけ殴れよ

今になって
やっと 気づいたんだ
君が一番 大事だってこと
心がもみ合って
糸が切れたように
バラバラな
愛の破片(かけら)
ネックレスの
真珠 撒き散らして
アスファルトの上に手を伸ばした
同じ輝きに見えてしまうけど
どれから先に拾えばいい?
プライオリティー

サングラス掛けた怖い人が
ドアの近くで威嚇している
無言の視線に刺されたって
僕は怯んでいられない

お金で解決できるのなら
僕が代わりに働けばいい
世界の不幸を君一人で
背負わなくていいんだよ

そうさ 悪いのは僕なんだ
自己嫌悪に陥る
愛し方に慣れてなかった
言い訳はしない

濡れた髪に
落ちる その雫は
僕が溜めてたこの胸の言葉
電話も拒んでた
君の抵抗に
行き場もない
愛の痛み
溢れ出す
涙は頬を伝い
君はじっと僕を睨んでいた
どれも本当の気持ちと知ってる
どれから先に拭えばいい?

今さらなんて
言わないでくれ
まだまだ間に合うだろう
ここから先は
何があっても
僕が君を守るよ
だから

だから
今になって
やっと 気づいたんだ
君が一番 大事だってこと
心がもみ合って
糸が切れたように
バラバラな
愛の破片(かけら)
ネックレスの
真珠 撒き散らして
アスファルトの上に手を伸ばした
同じ輝きに見えてしまうけど
どれから先に拾えばいい?
プライオリティー

Tidak ada komentar